マーティの夢日記

雑食の雑記ブログです。今は記事をためる事を目標にしてます。目指せ100記事!

【学生必見】人生を変えるオススメ自己啓発本3選!【哲学入門】

f:id:mattexyurixi:20180512192412p:plain

自己啓発本って意識高そうだし、何より胡散臭い。でも、読んだほうが良いって人もいるよな~。

実際、何がオススメなん?

 

 

こんちゃ~。マーティです。

今日は初めて自己啓発本に触れる学生に、オススメの3作を紹介したいと思います。

 

 

僕自身、自己啓発本やビジネス本なんて胡散臭くて意識高そうで、人に読んでるところ見られたくないな、なんて思っていました。

 

 でも、そう思っている学生に伝えたい!

 

もったいない!

 

自己啓発本はあなたの人生をコロッと変えちゃう力があります。

 

学生時代、自己啓発本やビジネス本を読みふけっていた僕が、2~3時間で勢いよく読めるオススメの3作を紹介します!

 

 

人生を変える自己啓発3本柱

 

自己啓発本、ビジネス本はこの世に沢山あるけれど、大まかに分けて3種類くらいに分類できちゃいます。

それは…

 

➀金の稼ぎ方

 

②行動の仕方

 

③心の操り方

 

僕はこれを『哲学3本柱』と呼んでいます。

突き詰めちゃうと全部に共通点があるのですが、それはまた別の回に。

 

金の稼ぎ方『夢をかなえるゾウ』

やっぱり一番気になるのは、金の稼ぎ方ですよね!

だったら間違いなくこの一冊。

 

f:id:mattexyurixi:20171004134205j:plain

 

『夢をかなえるゾウ』

 

一昔前に流行り、ドラマ化もしましたね。

言わずと知れた名作ですね。

 

 

あらすじ

主人公はどこにでもいる普通のサラリーマン。

彼はこれまでにも自己啓発の本を読んだり、自らを変えようとしていたが、三日坊主の性格が災いして失敗し続けてきた。

彼は泥酔したままインド旅行で買った置き物に「人生を変えたい」と泣き叫ぶと、次の朝、枕元に関西弁を話す謎の生物が。

それは置き物から化けて出てきた神様・ガネーシャであった。

主人公はガネーシャに振り回されながらも、夢を成すためにガネーシャの課題を行うことになる。

 

 

 

僕がこの本をオススメする理由は2つあります。

 

まず1つ目は、

自己啓発本なのに笑える事。

 

自己啓発本が持っている意識高さや敷居の高さを見事に払拭し、小説として笑いながら読めてしまうところが、『夢をかなえるゾウ』の凄いところです!

 

この本は1日1章読み進め、章ごとの教えをその日に実践していく。という形で読むのが正しいのですが、関西弁でしゃべるガネーシャと振り回される主人公の掛け合いが面白く、思わずツルツルっと読み進めてしまいます。

 

そうでなくても、1章分のボリュームが多く無いので、1日10分~15分もあれば読めてしまえます。

 

この他書に無いお手軽さが、ブームを起こした理由の一つですね。

 

 

2つ目は、

ガネーシャの教えは誰にでも実行できる事。

 

 

大抵の自己啓発本は、読者に教えを実践してもらう事を前提として書いているので、教えを実践すれば何かしらの効果が得られます。

 

しかし、その教えというのが厄介で、モノによっては「いや、それが出来たら苦労しないわ…」ってのもザラにあります。

 

「家にあるモノを極限まで選んで捨てよう」とか「連絡先を捨てよう」とかね。

 

本書は、その教えのハードルが非常に低い。誰にでも実践できるのが強みです。

たとえば…

 

『靴を磨こう。』

『今日、募金しよう。』

 

え?これだけ?

 

そう、これだけなんです。

 

先ほども書きましたが、1章ごとに与えられる教えをその日に実践していくのが本書のメインになります。

 

たったこれだけを実践するだけで、金儲けの本質が分かってしまうのです。

 

ただ、本書を読まないと今挙げた教えは全く意味のないものになってしまうので要注意!

 

文庫版も販売されているので、通学通勤時間にも読みやすくオススメです。

 

 


夢をかなえるゾウ【電子書籍】[ 水野敬也 ]

 


夢をかなえるゾウ文庫版 [ 水野敬也 ]

 

行動の仕方『多動力』

 

人生を変えるには、行動を変えるしかありません。

 

終身雇用やら年金やら、安全神話なんて崩壊しちゃったご時世。

自分で自分を守る必要がありますね。

 

そんな今の時代を生き抜くための一冊。

 

f:id:mattexyurixi:20180513134929j:plain

 

『多動力』

 

作者はあの、ホリエモンこと堀江貴文。

 

逮捕されたり、ロケット打ち上げたり、芸人になったり…

 

正直、若者には何やってるかわからない人って感じですよね。(僕も本を読むまでは何やってるんだか知りませんでした。)

 

でも、この本を読んだらホリエモンが何でこんなに色んなことをするのかわかります。

 

おそらく、学生の方。

 

若者ほど、この本は効果を発揮します。

 

私が出会ったのは大学3年生の頃でしたが、それでも「もっと早く出会いたかった」と正直思っています。

 

 

 

あなたは自分の時間を生きていますか?

 

世間体やしがらみ、他人にコントロールされる人生を送っていないか?

 

本書が語る事は理想論だ。そう切り捨てる人はいるでしょう。

でも、あなたがまだ若く、この先の人生を選択したいと思う意思があるなら、本書は間違いなく道を示してくれます。

 

就活で悩む学生窮屈な生活を送る若者

もし、好きと現実の板挟みになっている人がいるならば。

 

本書は間違いなくあなたの人生を変えてくれます。

 

 


多動力【電子書籍】[ 堀江貴文 ]

 

 


多動力 全産業の“タテの壁”が溶けたこの時代の必須スキル [ 堀江貴文 ]

 

 

 心の操り方『嫌われる勇気』

最後の一冊はこちら。

f:id:mattexyurixi:20180513143813j:plain

 

『嫌われる勇気』

 

心の操り方と銘打ちましたが、今回は自分の心をコントロールする術を教えてくれる書籍の紹介です。

 

本書では学生と学者の対話の中から、アドラー心理学を学ぶ事ができます。

 

アドラー心理学とは、「目的の為に何をすべきか」を追究する心理学の事です。

 

何を言っているか、これだけじゃわかりませんね。

 

もっと簡単に言うと、

「あらゆる対人関係を解決してくれる学問」です。

 

アドラーは作中を通して僕たちに教えます。

「人間の持つ全ての悩みは、対人関係である。」

「しかしまた、生きる喜びや幸せも、対人関係の中でしか生まれない。」

 

もし、この記事を読んでいる人の中に、

「アイツさえいなければ…」

「あの出来事さえなければ…」

「もっと早く出会っていれば…」

 

という経験や。

 

「あの人からどう思われているのか心配…」

「あんなことして、もう終わりだ…」

「人と比べて、私はダメな奴だ…」

 

という不安を抱えている人がいるなら。

 

今すぐにでもこの本を読むべきです。

 

今回挙げた3作の中で、私の今後60年以上の人生を1番大きく変えたのは、間違いなくこの本です。

 

胡散臭い宗教みたいで、言うのは恥ずかしいですが。

 

本当に心に平穏が訪れます。

 

自分の心を一歩引いてみられる客観性を得る事が出来ます。

 

読んでみてください。

自分の弱さを知っている人なら、何かを得られるはずです。

 

 


嫌われる勇気自己啓発の源流「アドラー」の教え【電子書籍】[ 岸見一郎 ]

 

 


嫌われる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教え [ 岸見一郎 ]

 

さいごに

 いかがでしたでしょうか。

 

今回は特に学生にオススメしたい自己啓発本を挙げてみましたが、紹介したどれも社会人の方が読んでもタメになる本ばかりです。

 

学生のうちに「これぞ!」と思える作品に出合うのは幸福な事です。

 

是非、一度読んでみてくださいね!

 

それでは!ばいちゃー!